第141日目 2002年3月7日 宮崎県宮崎市〜宮崎県串間市

昨日に引き続き、天気はいいが風が強い。
海の見える峠として有名な堀切峠(標高60m)で記念撮影する。
フェニックスの木と木の間から見える海がとても綺麗だ。

2002.3.7-1.jpg
(堀切峠)

2002.3.7-3.jpg
(鬼の洗濯岩)

地図にあったサンメッセ日南という、イースター島のモアイ像がシンボルの観光牧場に立ち寄った。ついでにモアイ像と一緒に記念撮影。セルフタイマーでモアイと一緒に撮影するのは観光客の目もあって何となく恥ずかしかった。

2002.3.7-5.jpg
(海とモアイ)

2002.3.7-4.jpg
(モアイ像と記念撮影)

2002.3.7-13.jpg
(サンメッセ日南のパンフレットにあった言葉)

次に鵜戸神宮に立ち寄る。駐車場を見ると意外とバイクの旅人が多かった。参拝後運玉という粘土で丸くこねた玉5個を100円で購入。この運玉5個を海にある穴が空いた巨石に男は左手で、女は右手で投げて入れば、いい事があるとのこと。思い切って運玉を投げるが左手の為、うまくコントロールが定まらない。最後の1個を思い切って投げてみたら「ポチャン!」という音とともに、小さい水しぶきがあがった。周りの観光客から「いいことあるね」と励まされる。

2002.3.7-6.jpg
(鵜戸神宮)

2002.3.7-9.jpg
(穴に運玉が入るといいことがあるという)

鵜戸神宮をあとにし、日南フェニックスロードという道を進む。道路から見える海の風景がとてもきれいで何度も自転車から降りて風景を楽しんだ。しかし、風景の綺麗な所というのは、アップダウンがきついところが多い。登っては下り、下っては登り、何とか都井岬入口に到着。この岬は、青森の尻屋崎と同じく岬自体が牧場になっていて、道路にはおびただし糞が落ちていたのでうまくよけながら今日の宿へ向かった。

2002.3.7-12.jpg
(宮崎の綺麗な砂浜)

2002.3.7-11.jpg
(都井岬の馬)

2002.3.7-10.jpg
(都井岬灯台)

2002.3.7-14.jpg
(都井岬灯台見学記のしおり)



距離:104.48km
積算距離:10841.77km
宿泊:都井岬ユースホステル(現在 都井岬黄金荘)


第142日目 2002年3月8日 宮崎県串間市〜鹿児島県肝属郡根占町

道路で草を食んでいる馬を横目に、都井岬をあとにした。
今日の目的地は鹿児島の根占。ここに行くのに鹿屋経由で行けば楽なのだが、なぜか峠を三つ越える道路を選択してしまった。おそらく怖いもの見たさの自分の性格なのだろう。

峠を越える前に、志布志で早めの昼食を食べる。
内之浦に入りおばさんから呼び止められ、大きなミカン三つ頂いた。

一気に食べるのはもったいないので、峠を越えるごとにミカンを食べようと決めた。
まずは最初の峠、美濃峠(標高300m)から。
約0メートルから300メートルを登って行くわけなので、自転車がとても重く感じ、荷物を全部捨てたい気分になる。
幸いだったのは天気が良かったことだ。これで雨だったら最悪な思い出になっていただろう。

美濃峠を越え、再び海の見える町に下ってミカン1個食べる。
次の峠は名も無い標高473メートルの峠。たまに車が通り過ぎていくのを見て、アクセルを踏むだけで移動できる運転手が羨ましく思う。時間はまだまだあるのでとにかく自転車を押して歩いた。

ペダルを漕いで進もうが押して歩こうが、いつかは頂上に着くものだ。何とか名も無い峠を越え、後はダウンヒル。
下り切ったところで二つ目のミカンを食べる。

次の峠は新田峠(標高370m)。
ここは、さっきの名も無い峠で標高を稼いだ分、登るのも比較的に楽だった。
無事に三つの峠を越え、最後のミカンを食べた。

今日の宿である錦江湾ユースホステルには17時過ぎに到着。
部屋に荷物を置き、歩いてすぐのネッピー館(温泉)で一日の疲れを取った。



距離:129.71km
積算距離:10971.49km
宿泊:錦江湾サウスロードユースホステル


第143日目 2002年3月9日 鹿児島県肝属郡根占町

本土最南端である佐多岬へ行く為にユースを連泊。
重たい荷物を部屋に置き身軽な状態で8時30分に佐多岬を目指して出発した。

岬に向かうにしたがってアップダウンが激しくなってくるが、荷物が無い分体が楽に感じる。
佐多岬ロードパーク」と赤い字で書かれた第一料金所に10時20分頃に到着。
佐多岬へ通じる有料道路は自動車専用で、なぜか自転車と徒歩は通行禁止されているのだ。まさにチャリダー(自転車の旅人)とトホダー(徒歩の旅人)泣かせの悪名高い道路なのである。この道路のことは北海道を旅行する旅人の間でも話題になっていた。北海道で聞いた話では、佐多岬へ行くには料金所のおばさんがいない夜に行く方法があるとのことだ。しかし自分の目的は全国にある曹洞宗専門僧堂参拝なわけで、そこまでしていきたいと思わなかった。しかしそれは建前で、本音は何とか自転車で本土最南端を目指したいと思っていた。

2002.3.9-7.jpg
(佐多岬ロードパーク 第一料金所)

とりあえず第一関門である第一料金所を通り過ぎ、激しい登り下りの坂を越え、何とか田尻の第二料金所付近まで来た。

「ここさえ過ぎれば佐多岬だ」

第二料金所以外に違う道はないかと周りを見渡すが、残念ながら有料道路一本しかない。断られることを覚悟して第二料金所を通り過ぎようとしたら、中にいるおばさんから開口一番「自転車は行けないの、ごめんね」とあやまられた。このおばさんは今までにどれくらいの自転車の旅人を断ってきたのだろうかと心中を察し、第一料金所まで渋々引き返した。

バスで行く方法もあったが、時刻表を見たら約2時間待ちの為あきらめることにする。
うろうろしている自分を見るに見かねて第一料金所のおばさんが、「あまりすすめられないけど、ヒッチハイクという手もあるわよ」とありがたいヒントを頂いた。何台か車が通り過ぎ、覚悟を決めてワンボックスカーの運転手に「すみません、自転車で旅をしている者ですが、乗せてもらえますか?」といきなり交渉すると「いいですよ」とあっさり後部座席に乗せて頂いた。車の運転手Aさんは北九州の方で、観光で佐多岬に寄ってみたという。

人生初のヒッチハイクで佐多岬に到着。何とか日本列島を縦断することができて感無量だ。北海道の宗谷岬から九州の佐多岬まで直線距離にして2700キロもあるらしい。日本は小さいとよく人は言うが、自転車旅して思ったのは日本は大きい!そして面白い!

2002.3.9-1.jpg
(本土最南端佐多岬)

2002.3.9-2.jpg
(本土最南端佐多岬)

2002.3.9-3.jpg
(佐多岬の灯台)

2002.3.9-4.jpg
(展望塔の落書き)

2002.3.9-5.jpg

帰りも車に乗せてもらい自転車の置いてある料金所へ到着。Aさんに御礼を良い、料金所をあとにした。根占への帰り道、海の向こう側にピラミッドのような開聞岳がうっすらと見えてとても綺麗だ。

2002.3.9-6.jpg
(まるでピラミッドのような開聞岳)

2002.3.9-8.jpg
(日本縦断達成 積算距離:11045.7km)



距離:74.28km
積算距離:11045.7km
宿泊:錦江湾サウスロードユースホステル


第144日目 2002年3月10日 鹿児島県肝属郡根占町〜太平洋上フェリーの中

二日間お世話になった錦江湾サウスロードユースホステルをチェックアウトし、8時30分に桜島経由の鹿児島を目指して出発。どんどん北上するにしたがい、桜島の威厳ある姿が見えだした。山頂を見ると噴煙が上がっており、何となく灰が目に入ったように感じる。

2002.3.10-2.jpg
(桜島の噴煙)

桜島の麓に入ると、周りは赤茶けた溶岩だらけで、途中途中にあるコンクリートで出来た退避シェルターが緊張を高めている。桜島を右回りで半周し終わり、桜島フェリー(250円)に乗って鹿児島へ渡った。

2002.3.10-1.jpg
(桜島の道路 溶岩に自転車を立てかけて撮影)

明日は沖縄へ行く予定なので市内にあるサイクルショップに立ち寄って自転車の整備をしてもらう。自転車の点検をしてもらった後、店主と佐多岬の有料道路問題で「あれはないよね〜」と大いに盛り上がり、約2時間ほど話し込んでしまった。

18時、沖縄へ向けてフェリーが出航。時刻表を見ると明日の18時40分那覇港に入港予定である。これから24時間40分乗船することになるので、船酔いが心配だ。



距離:74.26km
積算距離:11120km
宿泊:フェリーの中


第145日目 2002年3月11日 太平洋上〜沖縄県那覇市

フェリーでの一夜が明け、レストランでバイキング形式の朝食を食べる。
料金は1020円請求され、フェリー内は陸地と違って高い。これだけは海の上だからしようがない。

生まれて初めてのフェリー泊は、船体が大きいために揺れが少なく熟睡することができた。健康ランドで必ず一人はいるイビキのうるさい人がいなかったのも大きい。日中はキャビンに出て潮風に当たったり、これから周る所の地図を見て過ごした。

18時40分、予定通り那覇港に入港。フェリーの外を見ると辺りは暗くなっていた。
予約していた宿は、地図で見ると近いはずなのだが、土地勘が無いためになかなか探し出すことができなく約2時間もかかってしまった。



距離:6.91km
積算距離:11126.9km
宿泊:丸孝



■プロフィール■■■■■

profilephoto            

■新しいエントリー■■■

           

■最初から読む■■■■■

■アーカイブ■■■■■■

     

■カレンダー■■■■■■

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

■recommend ■■■■■

■リンク■■■■■■■■

               

■others■■■■■■■■

■モバイル■■■■■■■

qrcode
       

■powered■■■■■■■

無料ブログ作成サービス JUGEM