第301日目 2008年5月9日 熊本県熊本市

午後、叔母とAちゃんとで宮本武蔵が五輪書を書いた岩屋で有名な霊厳洞へ向けて出発。

久しぶりの車の運転は、自転車に比べ速くて緊張する。

 

熊本市内の本妙寺のある山の道路を通り、約40分くらいで到着。

前回、自転車の旅で通り過ぎた場所なので期待が膨らむ。

 

霊巌禅寺境内の駐車場に車を置き、3人で霊厳洞へ向かう。

途中にある岩山にはおびただしい五百羅漢像がたくさんあり、誰かに似ている羅漢像もあった。

 

そこから50m先に霊厳洞があり自分が想像していたものよりかなり大きい岩屋だ。

宮本武蔵が五輪書を書いたといわれる所だけあって雰囲気は十分。

かなり大きな岩屋なので雨風は余裕でしのげたことだろう。

実際、雨が降っていたのにも関わらず、洞窟の中は快適だった。

 

2008.5.9-1.jpg

曹洞宗霊巌禅寺

 

2008.5.9-2.jpg

お寺の由来

 

2008.5.9-3.jpg

五百羅漢の石像(※1889年の大地震の時にだいぶ破損したそうだ)

 

2008.5.9-4.jpg

霊巌洞

 

2008.5.9-5.jpg

霊巌洞から見た空

 

2008.5.9-6.jpg

境内の資料館にあった宮本武蔵の掛け軸

 

2008.5.9-7.jpg

法螺貝

 

2008.5.9-8.jpg

最後に本堂正面に手を合わせて車に戻った。

 

お釈迦様は前正覚山の留影窟、達磨さんは嵩山少林寺の達磨洞、弘法大師は室戸岬の御蔵洞、宮本武蔵は熊本の霊巌洞。

 

一つの道を究めた人が洞窟に籠って修行された例は、あらゆる宗教宗派を超え世界や日本全国を調べればもっとあるだろう。

 

丸森にも洞窟とまではいかないが、ごつごつとした岩場で修験道の行者が修行されていたという。

一人になって洞窟に籠る修行はとても辛いに違いない。

しかし、籠った末にその人にしかわからない境地あるいは大きな飛躍があるのかもしれない。

 

 

距離:今日は進んでいない

積算距離:2220.94km(昨日と同じ)

宿泊:熊本の親戚


第302日目 2008年5月10日 熊本県熊本市

朝からよこなぐりの雨。

雨が弱くなったら熊本県美里町にある日本一の石段を登ろうかと外の様子をうかがっていたが、一向に雨が弱まる様子がない。

 

午後を過ぎても雨が強いので石段を登ることは中止し、これから行く予定の四国などの霊場の本などを読んで過ごした。 

 

 

距離:今日は進んでいない

積算距離:2220.94km(昨日と同じ)

宿泊:熊本の親戚


第303日目 2008年5月11日 熊本県熊本市

10時過ぎ、いとこのH君と一緒に日本一の石段がある釈迦院へ行く。

小学生の頃に読んだ、色々な日本一を集めた本の中に、熊本の石段のことが書いてあり、いつか行きたいと思っていた。

 

石段の数は3333段。

かなり気合を入れていかないとまずいと思い、ストレッチを入念に行う。

 

11時に石段を出発。

早速100段あたりで2人とも疲れてしまった。疲れるのが2人とも早すぎる。

H君は疲れたから引き返そうと冗談を言っていたが、日本一の石段は今回で4回目だそうだ。

 

2008.5.11-1.jpg

昨日とうって変わって最高の天気

 

2008.5.11-2.jpg

日本一の石段の案内

 

2008.5.11-3.jpg

石段の入口にて

 

2008.5.11-4.jpg

立派な石段

 

2008.5.11-17.jpg

会員募集中

 

昨日の大雨で空の塵が流されたせいか爽快な青空でとても清々しい。

石段の途中には水飲み場やトイレ、東屋などがありとても助かった。

 

将来のことや、色々な事を話しながら登ったので、脚は疲れたが、精神的な疲れはなかった。

2人とも疲れながらも13時に到着。3333段の石碑の前で記念撮影。

頂上では雲仙岳、天草諸島、熊本市内など一望でき、とても見晴らしが良い。

 

2008.5.11-5.jpg

お賽銭を入れて一休み

 

2008.5.11-6.jpg

新緑の季節の石段登りは最高!

 

2008.5.11-7.jpg

まだ千二百段目

 

2008.5.11-8.jpg

眼下に見える集落

 

2008.5.11-9.jpg

三千段目

 

2008.5.11-10.jpg

頂上が見えてきた。

 

2008.5.11-11.jpg

三千三百三十三段目

 

2008.5.11-12.jpg

標高が高いおかげで涼しい

 

2008.5.11-13.jpg

頂上から見える風景

 

頂上から1km先にお寺があったので行くことにする。

石段の3333段目から歩いて15分ほどして到着。

 

お寺の名前は釈迦院。

さすが九州の高野といわれるだけあって霊場の雰囲気がある。

本堂内に入ってお賽銭をあげ今後の無事を祈った。

 

その後、山門横のいすに座って昼食を食べた。

おばさんの作ったおにぎりはとてもおいしく疲れが吹き飛んだ。

 

2008.5.11-14.jpg

釈迦院の山門

 

2008.5.11-15.jpg

山門を守る仁王像

 

2008.5.11-16.jpg

釈迦院本堂

 

その後、急ぐことなく緑を楽しみながら石段を降りた。

順調に降りていって15時ごろ駐車場に到着。

駐車場に車が結構あるところを見ると、石段を昇りたい人が多いのだろう。

 

疲れをとるために温泉ヘ向うが、日曜のため駐車場は車でいっぱいなので入浴するのを諦める。

 

16時ごろ無事に到着。 

 

2008.5.11-18.jpg

温泉の駐車場

 

 

距離:今日は進んでいない

積算距離:2220.94km(昨日と同じ)

宿泊:熊本の親戚


第304日目 2008年5月12日 熊本県熊本市

朝の6時半ごろ、早めの朝食。

7時40分、叔母とKちゃんとで霧島韓国岳登山するために熊本を出発した。

霧島までかなりの距離があるので高速を使って目的地へ向かった。

 

10時半ごろ、えびの高原道の駅に到着。

本日の目的地である韓国岳の方向を見ると、雲がしっかりとかかっていて頂上からの展望に期待がもてない。

しかも外は寒く、防寒の装備はサイクルウェアだけしかもってきていないので、登山は難しいと思っていた。

 

2008.5.12-1.jpg

高速から見た韓国岳方面

 

2008.5.12-2.jpg

神秘的な色の不動池

 

携帯電話での予報は晴れとのこと、もしかすると雲が無くなる可能性が大きいので道の駅にて待機。

とりあえず、散策路だけでも楽しもうということでザック類は車の中において、硫黄臭い道を散策。

天候が良くなり登山する方が何人か確認できたので、3人で相談した末、行くことに決めた。

 

2008.5.12-4.jpg

案内板

 

2008.5.12-3.jpg

散策路

 

2008.5.12-6.jpg

散策路にある石

 

登山することに決定してからトラブルが発生。

 

どうも靴底の感覚が変だ。

 

なんと、H君から借りた靴の底が経年劣化のため剥がれてしまっていたのだ。

 

これでは登山できないので車に戻って予備の靴に履き替えた。

もしもの準備というのは大切だということがこの時、身に沁みて思う。

 

2008.5.12-5.jpg

靴底が剥がれてしまった。

 

11時40分ごろ気を取り直して3人で出発。

途中、一瞬だが霧が晴れてみんなで写真撮影。

その後、登るにつれて霧と風が強くなる。霧のため雄大な風景は望めないので、ゆっくりと道端に咲いている花を楽しみながら登った。

 

2008.5.12-7.jpg

不動池を眼下に見る

 

2008.5.12-8.jpg

道の駅

 

13時ごろ、韓国岳頂上に到着。

あまりの霧と風と寒さで昼食はできないと判断。

3人で記念撮影し下山することにした。

降りるにしたがって気温が上がり2合目のところでおそい昼食を食べた。本当においしかった。

 

2008.5.12-9.jpg

霧が凄い、ほとんど見えない。

 

2008.5.12-10.jpg

とりあえず記念撮影

 

さらに下って車のあるところに無事到着。

えびの高原の足湯(※無料)につかって足の疲れを取った。

 

2008.5.12-11.jpg

足湯の駅 えびの高原

 

その後、道100選に入っている道を通り、霧島神宮参拝。

そして、小林市の陰陽石を見学する。

 

あまりの自然の造形美に言葉が出なかった。

 

2008.5.12-13.jpg

小林の陰陽石

 

見学後、小林ICから熊本へ向けて出発し家に着いたのは19時30分。

疲れたけど最高の1日だった。

おばさん、Kちゃんお疲れ様。 

 

 

距離:今日は進んでいない

積算距離:2220.94km(昨日と同じ)

宿泊:熊本の親戚


第305日目 2008年5月13日 熊本県熊本市

昨日の霧島韓国岳登山の影響のせいか、足のふくらはぎが歩くたびに痛い。

叔母は今のところ筋肉痛は無いそうだ。数日後に痛みがくるかもしれないと言っていた。

 

午後13時ごろ、叔父が一時帰宅し、Kちゃんもバイクの修理から帰ってきて、みんなで昼食を食べた。

午後は今後の予定など色々調べものをしながら過ごす。

 

7時半ごろ夕食。

最後の夜ということで、みんなで記念撮影。

 

9時ごろ、KちゃんとH君と一緒に車で熊本城、花岡山、独鈷山に行って夜景を見た。

マンションに戻ってきて、H君よりビタミン剤をプレゼントされる。

旅の最中は栄養が偏りがちなので、とてもうれしいプレゼントだった。 

 

2008.5.13-1.jpg

熊本の夜景

 

 

距離:今日は進んでいない

積算距離:2220.94km(昨日と同じ)

宿泊:熊本の親戚



■プロフィール■■■■■

profilephoto            

■新しいエントリー■■■

           

■最初から読む■■■■■

■アーカイブ■■■■■■

     

■カレンダー■■■■■■

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

■recommend ■■■■■

■リンク■■■■■■■■

               

■others■■■■■■■■

■モバイル■■■■■■■

qrcode
       

■powered■■■■■■■

無料ブログ作成サービス JUGEM