北海道縦横断の旅を終えて 1

北海道縦横断の旅を終えて、一番辛かったのは天候の悪さもさることながら、パソコンや充電池をリュックに入れてツーリングしたことによる背中の痛みだった。夜は寝返りを打てないほどの痛みで、旅を止めて帰りたいと思ったほどだった。

 

パソコンを使った日を調べてみると、雨で連泊した日以外ほとんど使用していないことわかり、思い切って羅臼にある宅配便の営業所から実家に送り返すことにした。パソコンは便利なものではあるが、無ければ無いで何とかなるものだ。荷物が軽減したことにより背中の痛みは徐々に消え、旅を楽しめる自分に戻ることができた。おそらく荷物を送り返していなければ、背中の痛みで旅を中止していたかもしれない。

 

どうしても非日常である旅をする場合、あれもこれもと持っていきたがる自分であるが、いかに持っていかないかという決断が大切であると今回の旅で強く思った。

 

最後に、今回の旅の目的である息子さんに写真(※以前お世話になったおじさんとおばさんの最後の写真)を届けて良かったことは、自分自身が仏教に希望が持てたことだ。僧侶が仏教に希望が持てたなんて、他のお坊さんが聞いたら大笑いされそうだが、あの時、神も仏もないと言っていた息子さんが得度(※お坊さんになる為の最初の儀式)されたことを聞くに及び自分自身も救われたのは確かだ。今回は思い切って北海道を旅することができて本当に良かった。

 

IMGP0787.jpg

網走湖の夕日


北海道縦横断の旅を終えて 2

北海道縦横断の旅は輪行することにより縦断・横断・内陸と3つのルートに分けて進んだ。

日記だけではどこをどう進んだのかわかりずらいので、地図、高低差と距離をグラフに表してみた。

 

)務て蚕鎮琶圈複祁遑隠憩〜7月27日)苫小牧〜稚内

 

hokkaido1.jpg

hokkaido2.jpg

これといって高い峠は無かったが、天候が悪い日が続き、連泊することが多かった。

 

∨務て参C琶圈複祁遑横呼〜8月5日)比布〜根室

 

hokkaido3.jpg

hokkaido4.jpg

網走湖、羅臼岳、知床峠では天候に恵まれた。

 

K務て仔睥κ圈複厳遑尭〜8月10日)摩周〜滝川

 

hokkaido5.jpg

hokkaido6.jpg

内陸は高低差が大きく体力的に大変だったが、それだけに北海道の自然を満喫できたと思う。

 

 

ち苅横尭間 走行距離:2022.66km


1

■プロフィール■■■■■

profilephoto            

■新しいエントリー■■■

           

■最初から読む■■■■■

■アーカイブ■■■■■■

     

■カレンダー■■■■■■

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

■recommend ■■■■■

■リンク■■■■■■■■

               

■others■■■■■■■■

■モバイル■■■■■■■

qrcode
       

■powered■■■■■■■

無料ブログ作成サービス JUGEM