第328日目 2008年6月5日 福井県越前市〜福井県福井市

朝4時起床。4時半に暁天坐禅を二炷すわる。引き続き朝課(あさのおつとめ)。そして食事を皆さんと一緒に頂いた。その後、作務(掃除)では東司(トイレ)、スリッパの裏、花の水を替えるなど自分なりに一生懸命に掃除させて頂いた。

 

2008.6.5-2.jpg

坐る場所は一人一人決まっている。

 

2008.6.5-1.jpg

朝課(朝のおつとめ)をする場所(※坐禅も兼ねる)

 

2008.6.5-4.jpg

自分が一晩お世話になった所を掃除。

 

2008.6.5-3.jpg

出発前、猫の為に募金をした。

 

作務が終わり出発の準備を行う。板橋禅師は福島で用事があるとのことで、御出発の10時20分まで自転車の整備しながら外で待つ。玄関前にて板橋禅師とご一緒に記念撮影。その後、ありがたいことに握手をして頂いた。とても力強い握手であった。

 

2008.6.5-6.jpg

車が見えなくなるまでお見送りさせて頂いた。

 

禅師をお見送りした後、自分も最終目的地である大本山永平寺に向けて出発。御誕生寺には短い時間しかいなかったが、とても貴重な体験をさせて頂いた。出発間際、修行僧の方からパソコンのバッテリー三本分程の羊羹を頂く。(※板橋禅師をはじめ、修行されている皆様方ありがとうございました。)

 

2008.6.5-5.jpg

建築中の御誕生寺本堂

 

大本山永平寺に向かうにつれて、雲行きが怪しくなる。雨は降らないだろうとログハウス風のバス停で一休み。それがいけなかった。永平寺へ向かう坂道に入ってポツポツと雨が降り出してきた。

 

頂上のトンネルを過ぎ下り坂で自転車に乗りたかったが、雨の日のブレーキは命取りなので、悔しいが歩いて下る。やっとのことで永平寺の門前街に到着。

 

土砂降りになってきたので木の陰で雨宿りをしているとカッパを着た駐車場のおじさんが、黒い傘を貸してくれた。おじさんのやさしさがありがたい。

 

2008.6.5-7.jpg

永平寺と彫られた石柱前にて

 

拝観料を支払い山内へ。修行僧による諸堂拝観が終わった後、承陽殿の前で到着のご挨拶、法堂で合掌、仏殿で無事到着のご挨拶をさせて頂いた。

 

2008.6.5-9.jpg

承陽殿

 

2008.6.5-11.jpg

僧堂

 

2008.6.5-8.jpg

仏殿

 

2008.6.5-10.jpg

庫院

 

2008.6.5-12.jpg

山門

 

2008.6.5-13.jpg

法堂からの眺め

 

その後、傘を貸してくれたおじさんにお礼を言う。

私はかつて永平寺の受処(※受付)にいたが、陰に日向に本山を支えてくれるおじさんやおばさんの姿を見ているようで見ていなかった。全く思い上がりも甚だしい僧侶だったと思う。

 

今回、傘を貸してくれたおじさんのやさしさに触れ、この人達によって本山が支えられているということがやっとわかった。遅すぎる理解だったかもしれないが、最終目的地である永平寺は雨で良かったと思う。

 

永平寺を後にし土砂降りの中、福井市を目指した。

何とか今日の宿の福井青年会館YHに到着することができてホッとした。 

 

 

距離:62.08km

積算距離:23536.2km

宿泊:福井青年会館ユースホステル(2012年3月閉館)



■プロフィール■■■■■

profilephoto            

■新しいエントリー■■■

           

■最初から読む■■■■■

■アーカイブ■■■■■■

     

■カレンダー■■■■■■

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

■recommend ■■■■■

■リンク■■■■■■■■

               

■others■■■■■■■■

■モバイル■■■■■■■

qrcode
       

■powered■■■■■■■

無料ブログ作成サービス JUGEM