第339日目 2009年7月26日 北海道利尻富士町〜北海道稚内市

朝食後、模造紙に描かれた利尻島を見て自転車一周プランを練った。

海を見て進みたいので右周りで一周することに。

 

IMGP0577.jpg

年季の入った模造紙に描かれた利尻島

 

IMGP0579.jpg

鉄人と超人の条件

 

IMGP0578.jpg

過去の超人達

 

IMGP0580.jpg

利尻島を二人三脚をした猛者

 

ユースに宿泊した人たちを見送った後、9時20分に利尻島一周サイクリングに出発。

2001年の時も周ったことがあったが、あらためて島の自然に触れたくてサイクリングにすることにした。

 

島の中央にそびえる利尻山の山頂は少しガスがかかっていたが天気は最高だ。

アップダウンはあるものの、昨日の登山に比べれば楽に感じる。

 

IMGP0586.jpg

鴛泊港のシンボル、ペシ岬

 

IMGP0588.jpg

山頂はガスがかかっていた。

 

IMGP0591.jpg

ようやく山頂が見えた。

 

IMGP0595.jpg

南浜湿原にて

 

IMGP0597.jpg

オタトマリ湖

 

IMGP0604.jpg

道路から海を望む

 

昼頃、利尻山の湧き水、麗峰湧水に到着。

説明によると利尻山に降った雨水が30年かかって地上に出てくると言われるありがたい水らしい。この湧水は海中からも湧き出ているようで、昆布にとってとてもいい環境のようだ。のどが渇いたので何杯も頂く。

 

IMGP0608.jpg

麗峰湧水

 

IMGP0611.jpg

麗峰湧水で育てられた昆布。これはうまそうだ。

 

IMGP0613.jpg

龍神の岩

 

IMGP0618.jpg

寝熊の岩

 

IMGP0621.jpg

人面岩

 

沓形岬の看板が目につきとても気になったので行ってみる。灯台手前の無料のキャンプ場を見学していると、「君も今日ここに泊まらないか?」と椅子でくつろいでいる人から声を掛けられた。私は「あいにく今日の宿は稚内の防波堤ドームなんですよ」と答えた。

 

IMGP0623.jpg

利尻島の観光マップになっている案内板

 

IMGP0648.jpg

沓形岬

 

IMGP0631.jpg

沓形岬の灯台

 

IMGP0625.jpg

ここまで旅を楽しんでいる人を見るのは初めて。自転車の横には飲み干した一升瓶があった。

 

バンダナにサングラスをかけていたのでバイクの旅人かと思ったが、自転車で旅をしているとのこと。

早速、自転車を見せてもらう。

 

自転車の装備には結構お金をかけたという。

まるで世界一周できるような頑丈さだ。

 

IMGP0628.jpg

自転車の横。自立できるようにスタンドが付いている。

 

IMGP0629.jpg

自転車の前

 

いつからいるのか聞いてみると、7月5日からテントを張っているとのこと、今日で21日目なわけだから余程ここが気に入っているらしい。自転車で進むことが目的ではないようだ。

 

「君にいい曲を聴かせるから待ってて」

 

バンダナの旅人Hさんはテント内にあったカセットをテープレコーダーにセット、なぜか、西馬音内音頭が流れてきた。

Hさんの印象からしてロックかと思ったが、西馬音内音頭とは・・・意外すぎる。

この西馬音内音頭はメロディがたまらないらしい。

 

以前、住職が撮影した写真に西馬音内の盆踊りがあった。

西馬音内音頭には何かひきつけるものがあるのかもしれない。

 

P1080077.jpg

住職が撮影した西馬音内盆踊り

 

P1080078.jpg

住職に聞くと、観光客が凄いとのこと。

 

その後、ワインをすすめられたが自転車でも飲酒はダメなので、代わりにジュースを頂きとても楽しいひと時を過ごした。

 

ジュースを飲みながら話を聞くとバンダナの旅人Hさんは画家の方で、来月下旬には戻らないといけないと言っていた。職業が画家で21日間もテントを張るということは、おそらく絵に対するインスピレーション(ひらめき)を待っているのかもしれない。別れ際、Hさんが描いた絵葉書を頂いた。

 

IMGP0640.jpg

今度、利尻に来る時は沓形でキャンプしてみたい。

 

IMGP0651.jpg

利尻山とバンダナの旅人Hさんのテント

 

P1080050.jpg

もらった絵葉書

 

その後、手作り乳酸菌飲料ミルピスを飲む。

 

「持っていくのが難しかったら、通販もあるよ!」

 

と、おばさんの営業トークがすごかった。

でも、おいしかったので申込書に住所を書き実家に送ることにした。

3本目に突入した時、時計を見るとゆっくりもしていられなくなったので急いで飲み干した。

 

IMGP0664.jpg

ミルピス入口

 

IMGP0663.jpg

ミルピスを三本飲んだ。

 

IMGP0666.jpg

利尻山が御神体の神社だろうか?

 

IMGP0670.jpg

雲が出始めた利尻山

 

ユースに戻り荷物をまとめて鴛泊港へ。

待合所にはユースのヘルパーのAさんが年季の入った旗を持って今日の宿泊客を待っていた。

 

IMGP0672.jpg

ペシ岬に到着

 

IMGP0673.jpg

鴛泊港フェリーターミナル

 

IMGP0674.jpg

ユースの旗を持って今日のお客さんを待つヘルパーのAさん

 

P1080049.jpg

ヘルパーのAさんからもらった青い紙。よく見ると去年のだった。

 

ヘルパーのAさんから

 

「今日も泊まる?」

 

と言われたが「フェリーの券を買ったから無理かな」と答えた。

 

2日間お世話になりましたと挨拶をした後、フェリーに乗り込んだ。

 

IMGP0675.jpg

プリンス宗谷

 

IMGP0679.jpg

利尻山の山頂は雲に隠れて見えなかった。

 

 

距離:64.18km

積算距離:24218.8km

宿泊:稚内防波堤ドーム



■プロフィール■■■■■

profilephoto            

■新しいエントリー■■■

           

■最初から読む■■■■■

■アーカイブ■■■■■■

     

■カレンダー■■■■■■

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

■recommend ■■■■■

■リンク■■■■■■■■

               

■others■■■■■■■■

■モバイル■■■■■■■

qrcode
       

■powered■■■■■■■

無料ブログ作成サービス JUGEM