第357日目 2009年8月23日 山形県天童市〜秋田県湯沢市

天童温泉道の駅内にある屋根付き舞台でのテント泊は、とても快適に休むことができた。

 

5時、自然と目が覚めテントを撤収、その後、足湯に入った。

ところが昨日の快適な湯温に比べて物凄い熱さで1秒と足を入れられない程だった。

 

IMGP1561.jpg

天童温泉道の駅と足湯

 

足湯はあきらめ、6時45分に出発。

市内の吉野家で朝定食を食べた。

 

今日の目的地は立石寺。

通称、山寺と呼ばれ、慈覚大師円仁によって開かれた有名なお寺だ。

隣の県に住んでいながら一度も参拝に行ったことがなく、いつか行ってみたいと思っていた。

 

7時40分頃、山寺の町に入る。

赤い橋からは大きな石がちらほらと見え、巨石好きの自分にとって期待が膨らむ。

 

IMGP1566.jpg

橋から見える大きな石の名前は対面石

 

入山料300円を納めて奥の院へ。

芭蕉の一句である「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」を思い浮かべながら石段を上がって行く。

山寺というだけあって息が切れる。

 

汗だくになりながら一番見晴らしが良いとされる五大堂に到着。

左右正面と窓が無い五大堂から見た町場の風景は格別なものがある。

その後、奥之院まで行き手を合わせて降る。

 

IMGP1574.jpg

ここから石段

 

IMGP1577.jpg

立石寺本堂にて合掌

 

IMGP1592.jpg

弥陀洞

 

IMGP1602.jpg

開山堂

 

IMGP1597.jpg

山寺の町並み。何となく金山の町並みにも似ている。

 

IMGP1607.jpg

立石寺奥之院

 

石段を降り、売店で玉こんにゃくを食べる。

おばさんから「疲れたでしょう」ともうひとつおまけで頂いた。

 

意外と早く立石寺の参拝が終わったので、今日の目的地にしていた新庄より先を目指すことに決める。

 

IMGP1621.jpg

山形県の金山

 

新庄に入り、国道の交通量は多くて精神的に疲れる。国道を避け旧国道を進むことにした。車はほとんどなく、旅をしている気分を味わえた。途中、カートを引いて歩いている旅人に出会い一言声をかける。

 

今日は朝から天気が良く、水分を異様に欲してしまう。

あまり水分を補給しすぎると疲れるので、適度にセーブをするのが難しいところだ。

 

大きなスーパーがあったので夕食・朝食を購入。

30分程休んでから雄勝を目指す。

 

16時頃、雄勝の道の駅に到着。

道の駅の人にコインシャワー・仮眠室があることを教えてもらった。

とりあえず仮眠室は誰かが使うだろうから、外にテント無しのマットを引いて寝袋に入り夜空を眺めながら寝た。

 

IMGP1623.jpg

雄勝の道の駅

 

IMGP1622.jpg

テント無しで星空を見ながら寝ることに

 

 

距離:114.15km

積算距離:25788.66km

宿泊:雄勝道の駅



■プロフィール■■■■■

profilephoto            

■新しいエントリー■■■

           

■最初から読む■■■■■

■アーカイブ■■■■■■

     

■カレンダー■■■■■■

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

■recommend ■■■■■

■リンク■■■■■■■■

               

■others■■■■■■■■

■モバイル■■■■■■■

qrcode
       

■powered■■■■■■■

無料ブログ作成サービス JUGEM