第359日目 2009年8月25日 秋田県仙北市田沢湖〜岩手県八幡平市

朝5時、夏というのに寒さで目が覚める。

今日は標高の高い八幡平を越えなければならないので、早めにテントをたたみキャンプ場をあとにした。

 

IMGP1689.jpg

田沢湖キャンプ場にて

 

IMGP1690.jpg

キャンプ場受付前

 

IMGP1691.jpg

早朝の田沢湖

 

国道沿いのコンビニで朝食。

7時過ぎ八幡平目指して出発。

 

IMGP1701.jpg

カブトムシが歩いていたのを撮影

 

玉川温泉には10頃に到着。

標高1000メートル近くにある温泉なので、到着するのに苦労した。

 

玉川温泉内にある岩盤浴では病気治癒の為、ゴザを持った方がたくさんいる。

温かい地面の上にゴザを敷いて寝ると微量な放射線の影響で患部が良くなるらしい。

祖母も何度か行った話を聞いていたのでいつか行きたいと思っていた温泉だ。

 

P1080870.jpg

祖母(※傘を横にしている)が玉川温泉へ行った時の写真

 

ゴザは持っていなかったので、直に座るだけにした。

その後、大浴場のある受付で600円支払って入浴、この先進むのをやめて一泊したい気持ちにかられる。

しかし、時計を見ると午前11時、宿泊するには早い時間帯だ。

30分程湯につかって後、冷水を体にかけ玉川温泉をあとにした。

 

IMGP1713.jpg

玉川温泉

 

玉川温泉から300メートル下り、12時30分、アスピーデライン入口に到着。

ゆっくりだが徐々に標高をあげていく。

大沼でおにぎり一個を食べ、再び登る。

頂上に到着したのは15時だった。

 

IMGP1720.jpg

八幡平アスピーデライン入口

 

IMGP1723.jpg

大沼にて一休み

 

IMGP1730.jpg

標高1560m、あともう少し

 

IMGP1736.jpg

頂上が近いせいか道路が平坦になったきた。

 

IMGP1738.jpg

遠くに見える建物はレストハウス

 

自転車をレストハウス駐車場に置き、八幡平の頂上を目指す。

レストハウス自体が高い場所にあるので、八幡平の頂上には楽についた。

頂上にて記念撮影した後、下のレストハウスでパンとジュースの遅い昼食を食べる。

霧が出始めてきたので、早めに下ることにした。

 

IMGP1750.jpg

八幡平山頂レストハウス

 

IMGP1742.jpg

八幡平頂上にて

 

眼下に松尾鉱山のアパート群が見えた。

十何棟からなる古いコンクリートの色は何か異様なものに見える。

アパート群を眺めているうちに辺りは暗くなりこの先下るのが無理と判断。

休館中の八幡平ユースホステルの向かいにあるトイレの横にテントを張ることに決めた。

 

IMGP1757.jpg

巨石・源太岩

 

IMGP1761.jpg

雲上の楽園・松尾鉱山のアパート群

 

 

距離:82.64km

積算距離:25992.43km

宿泊:御在所のトイレの横



■プロフィール■■■■■

profilephoto            

■新しいエントリー■■■

           

■最初から読む■■■■■

■アーカイブ■■■■■■

     

■カレンダー■■■■■■

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

■recommend ■■■■■

■リンク■■■■■■■■

               

■others■■■■■■■■

■モバイル■■■■■■■

qrcode
       

■powered■■■■■■■

無料ブログ作成サービス JUGEM