第356日目 2009年8月22日 宮城県丸森町〜山形県天童市

自宅を8時15分に出発。

天気は曇りながらも丸森から蔵王山がくっきりと見え、峠越えに期待が持てる。

 

角田の毛萱トンネルを抜け、蔵王へ行く道を探すのに時間がかかってしまう。

 

蔵王へ向かう車は、土曜という休日のせいか県外のナンバーが多い。

特に土浦ナンバーが多いのはなぜだろうか?

 

IMGP1515.jpg

蔵王山と白石川

 

IMGP1517.jpg

遠刈田の町

 

麓の蔵王大権現の大鳥居に11時15分に到着。

2年前、熊本からバイクで来たKちゃんと身内で訪れたドライブイン大鳥居は閉鎖されていた。

 

IMGP1521.jpg

蔵王大権現の大鳥居

 

大鳥居を抜け早速坂が始まる。

10日ぶりの自転車なのに坂がとても辛く感じる。

ペダルを漕ぎ続けるのが無理なので押して歩くが、体力の消耗が激しい。

 

急坂を進んで、確実に言えることは疲れていても歩けば頂上に向かっているということだ。

歩けば進む、止まればそのまま、全く自分次第、そういうところが自転車旅の良いところでもあり辛いところでもある。

 

観光で何度も来たことのある滝見台、蔵王寺、駒草平で記念撮影。

頂上に近づくに従い木も少なくなり周りの風景が荒涼としてきた。

風が強くなり押して歩くのも辛いほど。

 

IMGP1522.jpg

滝見台にて

 

IMGP1526.jpg

蔵王不動尊

 

IMGP1530.jpg

蔵王寺

 

IMGP1536.jpg

駒草平

 

IMGP1538.jpg

峠まであともう少し

 

14時半ごろ、エコーラインの頂上に到着。

峠の駅樹氷で食事をしようと思ったが、すでにシャッターが下りて閉鎖されていた。

こんなことがあろうかと遠刈田のコンビニで昼食を買っていたのだ。

峠の駅樹氷の入口付近のコンクリートに座って昼食を食べた。

 

IMGP1541.jpg

峠から見た山並み

 

IMGP1544.jpg

お釜には何度も来たことがあるので今回は行かないことに

 

IMGP1543.jpg

残念ながら峠の駅「樹氷」は閉鎖されていた。

 

頂上を過ぎてからは、ずっと下り。

ブレーキのレバーを握る手がしびれる程だ。

 

下りに下ってようやく山形市内に到着。

全国の県庁所在地の中で山形市だけ訪れたことがなかったので、この自転車旅で全部行ったことになる。

 

今日の宿として目星をつけていた山形市内の健康ランドに行ってみるがすでに廃墟になっていたので、近くの天童温泉道の駅内にある屋根付舞台の片隅で休むことに決めた。

 

IMGP1549.jpg

山形市内で見た印象的な山

 

IMGP1551.jpg

石塔群に手を合わす

 

道の駅に到着し安心したとたんに自転車の後輪がパンク。

日が沈まないうちに修理を終わらせ、近くの足湯で疲れを取った。

 

IMGP1559.jpg

舞台の片隅にテントを張らせて頂く

 

 

距離:114.15km

積算距離:25788.66km

宿泊:天童温泉道の駅


北海道に続く、東北縦断の旅

通所介護施設には8月(※2009年)いっぱい休みをもらっているので、ただ過ごすよりも体力のあるうちに東北縦断の旅をしたいと思いつく。

 

蔵王と八幡平の二つは外せないので、自然とルートは東北の内陸を進むことに。

お盆が終わって22日に出発することに決まった。

 

tohoku.jpg

大体の計画:八幡平を越えた後のルートは不明


北海道縦横断の旅を終えて 2

北海道縦横断の旅は輪行することにより縦断・横断・内陸と3つのルートに分けて進んだ。

日記だけではどこをどう進んだのかわかりずらいので、地図、高低差と距離をグラフに表してみた。

 

)務て蚕鎮琶圈複祁遑隠憩〜7月27日)苫小牧〜稚内

 

hokkaido1.jpg

hokkaido2.jpg

これといって高い峠は無かったが、天候が悪い日が続き、連泊することが多かった。

 

∨務て参C琶圈複祁遑横呼〜8月5日)比布〜根室

 

hokkaido3.jpg

hokkaido4.jpg

網走湖、羅臼岳、知床峠では天候に恵まれた。

 

K務て仔睥κ圈複厳遑尭〜8月10日)摩周〜滝川

 

hokkaido5.jpg

hokkaido6.jpg

内陸は高低差が大きく体力的に大変だったが、それだけに北海道の自然を満喫できたと思う。

 

 

ち苅横尭間 走行距離:2022.66km


北海道縦横断の旅を終えて 1

北海道縦横断の旅を終えて、一番辛かったのは天候の悪さもさることながら、パソコンや充電池をリュックに入れてツーリングしたことによる背中の痛みだった。夜は寝返りを打てないほどの痛みで、旅を止めて帰りたいと思ったほどだった。

 

パソコンを使った日を調べてみると、雨で連泊した日以外ほとんど使用していないことわかり、思い切って羅臼にある宅配便の営業所から実家に送り返すことにした。パソコンは便利なものではあるが、無ければ無いで何とかなるものだ。荷物が軽減したことにより背中の痛みは徐々に消え、旅を楽しめる自分に戻ることができた。おそらく荷物を送り返していなければ、背中の痛みで旅を中止していたかもしれない。

 

どうしても非日常である旅をする場合、あれもこれもと持っていきたがる自分であるが、いかに持っていかないかという決断が大切であると今回の旅で強く思った。

 

最後に、今回の旅の目的である息子さんに写真(※以前お世話になったおじさんとおばさんの最後の写真)を届けて良かったことは、自分自身が仏教に希望が持てたことだ。僧侶が仏教に希望が持てたなんて、他のお坊さんが聞いたら大笑いされそうだが、あの時、神も仏もないと言っていた息子さんが得度(※お坊さんになる為の最初の儀式)されたことを聞くに及び自分自身も救われたのは確かだ。今回は思い切って北海道を旅することができて本当に良かった。

 

IMGP0787.jpg

網走湖の夕日


第355日目 2009年8月11日 大平洋フェリー洋上〜実家

午前10時に仙台港に到着。

 

本音を言うと交通機関を利用して家に帰りたかったが、今回の自転車走行距離を2000キロ台にしたいというくだらない理由の為、最後にひとっ走りすることにした。

 

早速、自転車を組み立て11時に出発。

 

IMGP1494.jpg

仙台港フェリーターミナル

 

あまり通りたくない仙台空港に通じる道を進む。

相変わらず大型車が多く、しかも路側帯が無いので自転車乗りにとって、とても怖い道路だ。

空港のトンネルを過ぎたあたりから車が少なくなり、亘理まで快適に進んだ。

 

亘理町内を過ぎ6号線を南下し相馬に向かう。

相馬に入り、見慣れない道路だな思っていたら、6号線のバイパスができていてた。

 

その後、松川浦を通り相馬市内へ。

幸楽苑で昼食のラーメンを食べた。

 

IMGP1496.jpg

相馬の海で太平洋フェリーと並走

 

ラーメンを食べ終わりラスト20キロ、汗だくになりながらも大沢峠を越え大内の町中を進む。

そして金山に入り、最後は瑞雲寺の急坂を押して歩いてゴール。

 

何とかお盆の一日前に終えることができてほっとした。

あさってからは自転車旅を切り替えて、お盆の棚経に専念したいと思う。

 

 

距離:101.23km

積算距離:25559.09km

宿泊:実家



■プロフィール■■■■■

profilephoto            

■新しいエントリー■■■

           

■最初から読む■■■■■

■アーカイブ■■■■■■

     

■カレンダー■■■■■■

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

■recommend ■■■■■

■リンク■■■■■■■■

               

■others■■■■■■■■

■モバイル■■■■■■■

qrcode
       

■powered■■■■■■■

無料ブログ作成サービス JUGEM