第321日目 2008年5月29日 徳島県徳島市

今日はレンタカーを借りて、以前四国八十八ヶ所を自転車で周って大変だったところを巡ってみようと思い連泊した。8時40分、徳島行きのバスに乗り自転車で来た道を窓越しに眺める。

 

徳島駅に到着し、携帯電話で駅前レンタカーに問い合わせてみると、お貸しできない状況との事。次にトヨタレンタリースに問い合わせてみると、貸せる車が何台かあるとの返事だった。

 

早速、トヨタレンタリースで手続きをし、焼山寺を目指した。レンタカーにはカーナビがついていて便利なのだが、あまり便利すぎて、1台ぎりぎり通れる位の道を選んでしまい、対向車とすれ違うのにかなり気を使った。

 

約1時間ほどして焼山寺に到着。数年前苦労に苦労して登った山が、徳島から1時間ほどで簡単に到着してしまった。この時「車というものは偉大な発明だなぁ」としみじみ思う。

 

駐車場に車を置き、参道をしばらく進んで行くと、山門が見えてきた。門をくぐって本堂前で手を合わす。標高1000メートルに近い山奥にも関わらず、ツアー参加のお遍路さんがいっぱいで、とてもにぎやかな境内だった。

 

続いて鶴林寺を目指す。この寺も、坂でひいひい言って登ったところだ。ここも文明の利器を使用してスムーズに到着し本堂に参拝。このとき晴れ間が見え出し、天候が回復した。

 

次に太龍寺を目指した。雨が降った後のせいか、川と緑が綺麗に見える。14時、太龍寺ロープウェイに乗る。往復2400円と高かったが、以前は歩いて登ったので、今回はロープウェイで遠くの風景を楽しむことにした。

 

ガイドさんの説明だと普段、晴れの日でも遠くの山々は見えないのだが、今日は珍しく遠くまで見えるとのこと。遠くの風景を見ることができたのでレンタカー代金の元は取ったかなと思う。

 

2008.5.29-1.jpg

大龍寺ロープウェイからの眺め

 

その後、3ヶ寺を参拝し、徳島駅からバスで再びユースへ戻った。

 

2008.5.29-2.jpg

徳島駅にて

 

 

距離:今日は進んでいない

積算距離:23184.01km

宿泊:徳島ユースホステル


第320日目 2008年5月28日 徳島県藍住町〜徳島県徳島市

朝4時起床。

午後3時から雨の予報なので、すぐに出発できるようテントをたたむ。

板の間のキャンプ場は、草むらと違い朝露がつかなくてとてもテントをたたみやすい。

しかも屋根付きなので雨が降っても精神的に安心できる。

ここを拠点に観光を楽しむのもいいかもしれない。

 

2008.5.28-1.jpg

藍住町のキャンプ場

 

トイレ、洗面を済ませ、6時ごろ出発。

食事はコンビニで食べた。その後、旅の無事を祈り八十八ヶ所霊場の第十七番井戸寺を参拝する。今回で二度目の参拝だ。井戸寺を後にし、車が多くて嫌な市内に入り、別格霊場第三番慈眼寺を目指した。

 

ようやく車の少ない県道に入り、逆風の中、ギヤを軽くし少しづつ坂を進んで行った。

道の途中には綺麗な沢が流れており、水がとてもおいしい。

 

急坂に入り、細い髭のような灌頂ヶ滝が見えてきた。

聞くところによれば、滝自体が御神体だそうだ。

 

2008.5.28-3.jpg

灌頂之瀧

 

2008.5.28-4.jpg

霊場に相応しい灌頂ヶ滝

 

2008.5.28-5.jpg

灌頂ヶ滝の説明

 

灌頂ヶ滝から自転車を押し歩き、やっとのことで慈眼寺に到着し参拝する。

 

2008.5.28-6.jpg

別格霊場第三番慈眼寺

 

参拝後、穴禅定という弘法大師が修行されたと言われる洞窟に向かった。

この洞窟に入るには狭くて暗く、一人では絶対に無理なので、先達さんといわれるおばさんが、私を案内してくれた。

 

おばさんは2本のろうそくを巧みに使い、ずんずん奥へ進んで行く。

身をよじったり、腹ばいになったりしなければならないのでとても大変だ。

ロウソクの火を自分の息で吹き消さないよう気を使いながらおばさんの指示通りに進んで行く。

一番奥の広い場所でロウソクをお供えし、おばさんと一緒に読経をした。

 

復路も再び身をよじったり、腹ばいになったり、足がつりそうになりながらも、ようやく入口の日の光が見えてきた。

何とか無事に戻ることができた時、この身が新たに生まれ変わったように感じた。

 

2008.5.28-8.jpg

観音様の下を通って穴禅定へ

 

2008.5.28-9.jpg

お堂にて手を合わせる。

 

2008.5.28-10.jpg

穴禅定の入口

 

2008.5.28-11.jpg

白装束と右手に持っているのはロウソク

 

慈眼寺境内で遅めの昼食を頂いていたら、空が暗くなってきた。

予報では、午後18時ごろから雨が降るといっていたが、もっと早く降るかもしれないと思い、急いで下山。

 

途中ポツポツと降り出してきたが本降りになる前に徳島ユースに到着。

あまり濡れずに到着したのは穴禅定での修行のご利益かもしれない。 

 

 

距離:100.16km

積算距離:23184.01km

宿泊:徳島ユースホステル


第319日目 2008年5月27日 徳島県美馬市〜徳島県藍住町

朝4時起床。

昨日の夕方から夜中にかけてテント内は、とても蒸し暑かったが、朝方は結構冷えて寒いほどだった。

 

冷えた体を体操して温めようとテントの外に出ると、既に散歩をしている人がいるのに驚く。

草地にテントを張ったせいか朝露がひどく、タオルで拭き取るのがかなり面倒だ。

ようやくテントをたたみ出発の準備ができたところで、道の駅まで歩いて行き顔を洗った。

 

2008.5.27-1.jpg

一夜明けて

 

その後、近くのコンビ二で食事を済まし、うだつの町並みを見学。

朝早く誰もいないので心ゆくまで見学できた。

 

2008.5.27-2.jpg

うだつの町並み

 

2008.5.27-3.jpg

うだつの説明

 

2008.5.27-4.jpg

懐かしい看板

 

自転車のある所に戻り、6時半ごろに出発。

まずはじめに阿波の土柱を見学。

やはり朝早かったせいか誰もいなかった。

 

2008.5.27-5.jpg

阿波の土柱

 

2008.5.27-6.jpg

同じく阿波の土柱

 

2008.5.27-7.jpg

土柱の記

 

土柱見学が終わり国道に戻り、二番の童学寺を目指す。

10時ごろ、二番の童学寺に到着。

山門が何かのキャラクターのように見え楽しい気持ちになる。

 

このお寺で弘法大師は16歳の頃、学問に親しまれたそうだ。

「いろは四十八文字」もこのお寺で創作されたと言われている。(※四国遍路ひとり歩き同行二人参照)

 

本堂前で手を合わせた後、強烈な日差しのため、しばらく日陰で休むことにする。

水が足りなかったので境内の水道で水分補給していると、車で参拝している方に、水の凍ったペットボトルを頂いた。丁重にお礼を言い、冷水を飲ませて頂いた。

 

2008.5.27-8.jpg

何かのキャラクターの顔に見える童学寺山門

 

2008.5.27-15.jpg

大師堂

 

2008.5.27-9.jpg

別格霊場第二番童学寺

 

しばらく進んで、早めの食事を済まし、八十八ヶ所霊場第六番の安楽寺を参拝(※二度目の参拝)。

 

2008.5.27-13.jpg

みちしるべ

 

2008.5.27-14.jpg

安楽寺山門

 

2008.5.27-10.jpg

安楽寺本堂

 

2008.5.27-11.jpg

安楽寺にて

 

2008.5.27-12.jpg

安楽寺の由来

 

次は、標高500mの別格霊場第一番大山寺を目指す。

途中まで何とか自転車を押して歩けたが、かなり急な坂が出てきた。

 

これ以上の急坂で押し進むことは無理だと判断、自転車に鍵をかけ、遍路道を歩くことに決める。

土の遍路道はとても歩きやすく、かえって疲れが取れた気がする。

 

道の途中、木にぶら下がっていたプラスチックの板に気になる文字が書いてあった。

 

それは「今が一番大事」という六文字。

 

明日雨になったらどうしようとか、今日の宿はどうしようとかどうでもよくなった。

昨日や明日よりも今が一番大事なんだと、木にぶらさがっていたプラスチックの板が私に教えてくれた。

 

2008.5.27-17.jpg

へんろ道の案内

 

2008.5.27-18.jpg

遍路道

 

2008.5.27-19.jpg

遍路道の脇が牧場になっていて牛が草を食べていた。

 

2008.5.27-16.jpg

今が一番大事

 

13時、大山寺に到着し参拝。

疲れたので日陰で昼食のおにぎりを食べた。

 

境内でおにぎりを食べている私の姿を見て、車で参拝している方にジュースを頂く。

丁重にお礼を言い、ありがたく飲ませて頂いた。

境内で飲むジュースはとても冷たくておいしかった。

 

2008.5.27-20.jpg

大山寺石段

 

2008.5.27-21.jpg

別格霊場第一番大山寺

 

2008.5.27-22.jpg

帰り道から町を眺める

 

夏のような暑さと疲れの為、近場で体を休めようと予約していた宿を電話でキャンセル。宿泊の予約を翌日に変更してもらう。体が疲れた時は宿が一番いいのだが、昨日に続いてテント泊することに決める。

 

藍住町内のキャンプ場は役場が管理しているということで早速電話をすると、申し込みは今からでも大丈夫とのこと。藍住町役場まで直接行って手続きをした後、近くのキャンプ場でテントを張り、ようやく体を休めることができた。

 

2008.5.27-23.jpg

藍住町キャンプ場

 

 

距離:73.56km

積算距離:23083.85km

宿泊:藍住町のキャンプ場


第318日目 2008年5月26日 香川県仲多度郡多度津町〜徳島県美馬市

朝4時ごろ起床。

テント泊は、太陽の光で目を覚ますことができるのがいい。

昨日の夜、暴走族のバイクがうるさかったので、耳栓で音をシャットアウトしたおかげでよく寝ることができた。

耳栓を持ってこなかったら、寝不足だったに違いない。

 

5時過ぎに軽めの食事をする。

6時半に十九番香西寺と二十番大滝寺に向けて出発。

日差しはかなり厳しく、新緑の季節というよりは、むしろ夏といった感じだ。

 

2008.5.26-1.jpg

お賽銭を入れて出発

 

多度津の桃陵公園近くにある少林寺拳法の総本山を眺める。

小学生の頃、少林寺拳法を習いたかったが教えてくれる場所が無く、憧れだけで終わってしまった。

 

2008.5.26-2.jpg

少林寺拳法の総本山

 

9時ごろ、十九番の香西寺に到着。

珍しく参拝者は自分ひとりだった。

 

伽藍は何度か焼失されているとのこと。

お寺の歴史は古いが建物のお陰で新しく感じる。

 

2008.5.26-4.jpg

香西寺山門

 

2008.5.26-6.jpg

香西寺境内

 

2008.5.26-5.jpg

別格霊場第十九番香西寺本堂

 

車の多い嫌な市内を通り越し、二十番の大滝寺に向かって進むわけだが、日差しが厳しすぎるのと、路面状況が劣悪なせいで自転車のペダルを漕ぐのが苦痛でしょうがなかった。

 

ようやく12時ごろ麓の町に到着。

これから向かう大滝寺は標高1000m近いところにあるので気合を入れて出発。

 

道路は県道のためあまり広くなく、路面状況もよくない。

急な坂の所が結構あったのでほとんど自転車を押し歩いて進む。

水分補給に関しては、ところどころにきれいな沢が流れていたので水に困ることはなかった。水はとても冷たくおいしい。

 

くたくたになりながらも14時半、大滝寺に到着。

何とか無事に参拝することができた。

 

2008.5.26-7.jpg

あともう少し

 

2008.5.26-9.jpg

別格霊場第二十番大瀧寺

 

2008.5.26-8.jpg

大瀧寺のいわれ

 

2008.5.26-18.jpg

大滝山山頂にて

 

後は下るだけだが、坂が急なため、ブレーキを多用しなければならず、指がとても疲れる。

 

2008.5.26-11.jpg

ここから美馬市

 

2008.5.26-12.jpg

標高900mからの眺め

 

2008.5.26-13.jpg

おそらく美馬市

 

2008.5.26-14.jpg

自転車で下る途中に見た集落

 

美馬市に到着、日没まで少し時間があったので沈下橋を見学。

沈下橋の見える土手の風景がとてもきれいだったで野宿場所に決定。

おそろしく単純な場所選択だ。

かえって単純な方がいい時もある。

 

2008.5.26-15.jpg

沈下橋の見える土手

 

2008.5.26-16.jpg

沈下橋は車と車とのすれ違いはできない。

 

2008.5.26-17.jpg

山に隠れる太陽

 

 

距離:95.74km

積算距離:23010.29km

宿泊:沈下橋の見える土手


第317日目 2008年5月25日 愛媛県四国中央市〜香川県仲多度郡多度津町

6時頃、目を覚まし、窓を開けて空を見ると曇りだが、雨は降っていない。

7時過ぎ、今にも雨が降りそうな外の様子を気にしながら朝食を済ました。

 

8時頃、宿のおばさんに挨拶をして十五番から十八番のお寺を目指して出発。

1日休んだだけで自転車の荷物やリュックがとても重く感じる。

疲れが抜けきっていないのだろうか?

 

2008.5.25-1.jpg

大成荘にて

 

十五番より先に十六番の萩原寺を参拝。

境内の案内板によると「弘法大師が自刻の地蔵菩薩座像を安置し、その寺を地蔵院萩原寺と称した」とある。

ちょうど境内では、門前市が開催されており、スピーカーからの音楽がさらににぎやかさを増していた。

 

参拝後、県道8号線を通って箸蔵寺を目指す。

 

2008.5.25-2.jpg

萩原寺山門

 

2008.5.25-3.jpg

別格霊場第十六番萩原寺

 

2008.5.25-5.jpg

萩原寺の縁起

 

2008.5.25-4.jpg

本堂前にて

 

2008.5.25-6.jpg

砲弾の奉納

 

湿度が高いせいか、自転車を押して歩くと玉のような汗が吹き出る。

やっとのことで曼陀トンネルを越え、池田までどんどん下る。

 

12時前に昼食を済まし、十五番箸蔵寺に向かった。

 

箸蔵山ロープウェイ乗り場に到着。

お寺へ行くのにロープウェイがあるくらいだから、遍路道も予想通りきつかった。

 

聞くところによると、こんぴらさんの奥の院ということで、こんぴらさんに負けず劣らずお遍路泣かせの石段だった。

 

2008.5.25-7.jpg

箸蔵山ロープウェイ

 

2008.5.25-8.jpg

ロープウェイには乗らず、遍路道を歩くことにする。

 

2008.5.25-9.jpg

草が凄い

 

2008.5.25-10.jpg

遍路道の途中にあったお地蔵さま

 

2008.5.25-11.jpg

遍路道からロープウェイを見上げる。

 

2008.5.25-12.jpg

箸蔵寺の石段

 

2008.5.25-13.jpg

気合で駆け上がる。

 

2008.5.25-14.jpg

護摩殿

 

2008.5.25-16.jpg

別格霊場第十五番箸蔵寺本殿

 

2008.5.25-24.jpg

御本尊 金比羅大権現

 

2008.5.25-15.jpg

彫刻が素晴らしい

 

下山後、十七番の神野寺に向かうわけだが、またきつい坂が待っていた。

急ぐわけでもなく、今日はテント泊なので、ゆっくり行こうと思う。

 

風景を楽しみながら自転車を押しに押してようやく長いトンネルが見えてきた。それを抜ければ、長い下り。途中おなかがすいたのでコンビニでパンを食べる。自転車は食べないとやっていけない。

 

弘法大師が3ヵ月足らずで修復させた満濃池。

灌漑用では日本一のため池といわれている。

満濃池の霊刹とされる神野寺に到着し参拝。

 

2008.5.25-17.jpg

満濃池

 

2008.5.25-18.jpg

神野寺入口。右側の門には弘法大師築池霊場と彫られている。

 

2008.5.25-19.jpg

別格霊場第十七番神野寺

 

善通寺市内の定食屋で夕食を済まし、19時ごろ十八番の海岸寺を参拝。

以前、海岸寺内にあるユースホステルに宿泊したことがあって懐かしく思う。

 

四国遍路ひとり歩き同行二人によると「大日本真言根本の霊跡、出化初因縁の霊地」とある。

要は弘法大師がお生まれになった真言宗根本の地であるということらしい(※間違っていたらすみません)。

出生の地に関しては善通寺と大論争、そして和解という歴史があるとのことだ。

 

境内には時間が時間だけに参拝客は誰もいなかった。

宿は決めていなかったので、お寺の後ろの公園で野宿することにした。

 

2008.5.25-20.jpg

海岸寺山門

 

2008.5.25-21.jpg

別格霊場第十八番海岸寺

 

2008.5.25-22.jpg

海岸寺裏の夕日

 

 

距離91.99km

積算距離:22914.55km

宿泊:海岸寺裏の公園



■プロフィール■■■■■

profilephoto            

■新しいエントリー■■■

           

■最初から読む■■■■■

■アーカイブ■■■■■■

     

■カレンダー■■■■■■

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

■recommend ■■■■■

■リンク■■■■■■■■

               

■others■■■■■■■■

■モバイル■■■■■■■

qrcode
       

■powered■■■■■■■

無料ブログ作成サービス JUGEM